旅行で買い物を楽しむ

海外旅行中の買い物と関税

海外旅行の買い物は関税に注意

海外旅行から帰国した時、税関の方は大抵何の申告もせずに問題なく通れる人がほとんどです。でも、沢山のお土産を買ってきた場合、税関に申告しなければならないことがあります。税関に申告しなくても良い場合は次の時です。関税は本来海外で買い物してきた物にも掛かりますが、旅行者が個人的に使用する物なら免税になります。免税の範囲は、酒類・タバコ類・香水・その他の品目に分けられ、1人が持ちこめる量が決まっています。でも、「個人的使用」なので酒・タバコは未成年者には適用されません。6歳未満の子供には玩具等本人使用が明らかな物以外は適用されません。その他の品目は合計20万円までです。超過分が課税されますが、1つだけで超えるのはその価格全体に課税されます。でも、1品目が1万円以下の物は原則免税です。

旅行の買い物は楽しいですね

旅行の醍醐味の中の一つに買い物があります。その地方でしか購入する事が出来ないような物を購入する事ができます。中にはプレミアが付くものもあるので、そのような商品の場合には全国各地から購入するために訪れます。旅行をしているとイベントに遭遇する時もあります。そのような時には地元でしか食べる事が出来ないようなB級グルメを食べる事もできます。ほとんどのお店が現金払いだけでなく、クレジットカードやデビッドカードによる支払いにも対応しているので、現金を持ち歩きたくない人でも買い物などを十分に楽しむ事ができます。

↑PAGE TOP